Author Archive

視力回復するために

最近は、パソコンやテレビゲームなどで目を酷使している人が多くなっていています。パソコンで作業したり、テレビゲームで遊ぶ場合は長時間近くのものを見ていることになるので、レンズのピントがずれて遠くのものが見づらくなってしまいます。近くのものを見る機会が多くなったので、近視の人が多くなっています。
パソコンなどを使用する際に近くのものを見る場合、定期的に休憩することが視力の低下を防止します。低下の防止の方法として、近くのものを見て目を酷使した場合に自分で目頭を当てながらマッサージを行います。目が疲れている状態が長期間続いた場合に、レンズのピントがずれて近視になりやすいです。
休憩中には遠くの風景を見たり、木々に生えている緑の葉を数十分程度見ると目の疲れの回復が早まって、視力の低下をある程度防止しやすいです。また、パソコンなどで作業した場合は目の疲れを早くするために目薬をさすことも視力の低下の防止に有効です。

近くばかりを見ていると目が悪くなる?

近くばかりを見ていると目が悪くなると言われていますが、それは真実だと思います。
近くのものばかりにピントを合わせていると目の疲れ方が尋常じゃないですし、ピントが近くで固定されてしまう時間が長ければ長いほど遠くを見る時に目がぼやけてピントが合いづらくなります。
一般的にどうか分かりませんが、私はパソコンを長時間見続けた後、不意に遠くの景色を見た時に数秒間目のピントが合わずに景色がぼやけます。
そこまでになるほど長い間パソコンの画面を見続けなくても…と思うかもしれませんが、パソコンの画面とにらめっこしながら仕事をしているため、これは仕方がないことなのです。
そしてこのようなことは年齢が進むと共に症状が頻繁に表れるようになってきてストレスになっています。
視力が落ちないためにも目のためにもパソコンの画面とにらめっこはしたくないものですが、そうするしかない場合、ある程度の時間でいったんパソコンを切り上げるという方法が今まで試した中で1番良かったように感じています。

視力回復は日常生活を送る上でかなり重要

視力、それは日常生活を送る上でかなり重要となってくるものです。
しかし、年齢を重ねていくとだんだんにその力が衰えてくる人は多いでしょう。
私は、現在乱視で近眼です。視力がとても悪いです。
中学校の時から遠くのものが見えづらくなり、夜の信号機が6つに見えたりしていました。
当時TVゲームをやるとき現実逃避気味に、
「分身のアイテム取らなくて済むんだ。」と強がって
メガネもかけずに、ゲームオーバーになっていました。
20歳ぐらいの頃ようやく、コンタクトにするぞと意気込んで親を説得し、
レンズ屋さんに併設されている眼科に行きました。
そこで、どういうわけか、先生にハードコンタクトを勧められました。
どうやら、黒目を完全に覆わないハードコンタクトの方が
黒目に酸素を供給できるので目にはいいということでした。
さらに、ハードコンタクトは涙に浮かべて形状が固定のため
目の歪みからくる乱視を、装着時は完全に矯正できるとのことでした。
検査が終わりレンズを装着してみて驚きました。
世界が違って見えました。
乱視の強い私がハードコンタクトを初めてつけて湧き上がった感動でありました。
しかし、よく見えるが故に、リアルではっきりとは見たくないものまで見えるようになりました。
それからの私は、割とリアルに生活しております。

視力が落ちるのは酸素が足りない?

以前、読んだ本に視力が落ちるのは酸素が足りないからだと書いてあった。
何でも、暗い所でパソコンやTVなどを見たり、近づきすぎることも良くないが、それ以上に、目が酸素不足だと視力が低下するらしい。
目は体の中でも、素晴らしい機能を持っているので、それ故に酸素を多く必要とする。
その目に血行不良などの理由で酸素がいかなくなると、細胞の再生が出来ないのだ。
だから、目の周りを暖めて血流を良くすることは視力回復にもいいのだが、それ以上にいいのが有酸素運動。
ウォーキングやジョギングやサイクリングだ。
他にも色々あるが、視力が低下している人の多くはデスクワークをしている人であり、そういった人の多くが、運動の時間事態が取れなかったり、運動自体が嫌だという場合があると思う。
そういう人におすすめするのが、ジャンプとタッピングだ。
ジャンプはその場で軽く飛ぶだけでいい。
そのジャンプに慣れたらと100~200と飛ぶ回数を増やせば、尚良い。
そして、タッピングは体全体を手の側面で軽く叩くだけ。
それだけで、全身の血行が良くなり、目に酸素がいくので、視力が良くなる。
試して貰えれば、幸いだ。